3月と言えば花粉症シーズン、多くの方が花粉症に悩まされる時期が続き不便に思うことでしょう。花粉症のピークは非常に多くの花粉が飛散しますがその時期はいつなのでしょうか?当サイトでは花粉大量飛散のピークや花粉症対策、治療薬についての紹介などを幅広くまとめていきます。

花粉症のアレルギー症状にはアレグラ

花粉症は花粉がアレルギーの原因物質となって起こる季節性アレルギー性鼻炎です。この花粉症の治療にはアレグラがよく使用されます。

湿疹を改善する薬としても処方されることがあります。

アレグラの有効成分はフェキソフェナジンという物質です。
フェキソフェナジンは体内に吸収された後に体内のヒスタミンの働きを抑え、アレルギー症状を改善します。
花粉症が起こっている時にはこのヒスタミンが過剰に働いて、それが原因となってアレルギー症状が起こっています。
つまり、そのヒスタミンの働きを抑制するように作用するフェキソフェナジンには花粉症の症状を改善する効果があるのです。

アレグラが花粉症の治療薬としておすすめである理由の一つとして、眠気が起こりにくいことが挙げられます。
アレグラの有効成分であるフェキソフェナジンは脳内へと移行しにくい化学構造となっています。
アレグラと類似する薬効を示す抗ヒスタミン薬という薬の仲間は、脳内へ移行し、脳内のヒスタミンの働きを抑制し、それが原因となって眠気が現れやすいことが欠点でした。
しかし、アレグラはその欠点を改善するために脳内に有効成分が移行しにくいように工夫されているのです。

その他、アレグラは口の渇きの副作用が他の抗ヒスタミン薬よりも起こりにくいことが特徴の一つとなっています。
抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを抑制するのと同時にアセチルコリンの働きを抑制する薬が多いです。
この作用によって口の渇きが起こってしまうのですが、アレグラはアセチルコリンの働きを抑制する効果が弱められています。
これによって眠気だけでなく口の渇きも起こりにくくできているのです。

さらに、アレグラは市販薬(OTC医薬品)としても販売されているため入手しやすいことがメリットの一つと言えます。
花粉症が起こりやすい季節には耳鼻咽喉科を中心に花粉症患者が殺到し、薬を処方してもらうために相当の時間がかかってしまいます。
しかし、アレグラの場合は市販されているため、ドラッグストアでも入手することが可能です。

通年性アレルギー性鼻炎の人は常備しておくと便利

アレグラは季節性アレルギー性鼻炎だけでなく、通年性アレルギー性鼻炎の治療にも有効な薬です。
季節性アレルギー性鼻炎は花粉など季節によって一時的にアレルギーの原因物質が増えることによって、その季節だけアレルギー性鼻炎の症状が起こります。
通年性アレルギー性鼻炎の場合には生活環境下に年中存在する物質がアレルギーの原因となるので年中鼻炎症状が起こります。通年性アレルギー性鼻炎の原因物質にはダニやカビが挙げられます。

しかし、ダニやカビにも増加しやすい季節というのがあります。
ダニの場合は梅雨から夏場にかけての高温多湿の季節に増殖し、秋ごろに死骸となって、生活環境下でホコリなどと一緒に空気中に舞うようになります。
カビは梅雨ごろ主に増殖しやすく、また夏場に冷房を使用することで、冷房関連の家電製品内で増殖しやすくなります。

つまり通年性アレルギー性鼻炎と言えど、その症状が出やすい時、出にくい時というのがあるのです。いつ症状が激しく出るようになるか分からないわけです。
そのためアレルギーの治療薬を手元に常備しておくと便利です。その常備薬としておすすめなのがアレグラです。

ここまででも紹介してきた通り、アレグラは眠気が起こりにくい薬です。
通年性アレルギー性鼻炎の場合はいつ症状が悪化して薬を飲みたくなるのか分かりません。
もし眠気が出やすいアレルギーの治療薬を常備している場合には眠気が気になってなかなか朝や日中には飲みづらいです。
しかし、アレグラの場合は眠気が起こりにくい薬であるため、朝や日中に鼻炎症状が現れた場合にも飲みやすい薬です。

また、市販薬としてもアレグラが販売されているため、手持ちの薬が無くなった時にはすぐに補充することができて便利です。
こういった利便性もアレグラの魅力です。