3月と言えば花粉症シーズン、多くの方が花粉症に悩まされる時期が続き不便に思うことでしょう。花粉症のピークは非常に多くの花粉が飛散しますがその時期はいつなのでしょうか?当サイトでは花粉大量飛散のピークや花粉症対策、治療薬についての紹介などを幅広くまとめていきます。

花粉のピークについて

花粉症と言えば、今や小さな子供たちにも患者が増加しつつある厄介なアレルギー反応として知られています。
身体の免疫機能が花粉に過剰反応することで起きるものであり、発症する人もいればシーズンを通して何ともない人もいます。

シーズンになると、よくテレビのニュースなどで飛散のピーク時期について報道されているのですが、具体的にいつ頃まで花粉が多いのか知らない人も多いでしょう。
花粉はその種類によって飛散の時期が異なり、ピークがやって来るタイミングも異なります。
自分が苦手としている花粉のピーク期を知っておくと、その時期に集中的に花粉対策を行えるようになります。
不快な花粉症を少しでも軽減できるように、様々な花粉がいつまで飛散しているのかを覚えておきましょう。

花粉の飛散ピークはいつまで?

花粉症の中でも、最も患者の割合が高いとされているのがスギの木の花粉です。
花粉症と言えばスギと言われるほどポピュラーな存在で、飛散のピークも知っておいて損はありません。
スギ花粉の場合、何と2月には既に飛散が始まっています。2月から3月にかけての2ヶ月間は特に飛散量が多く、この時期がスギのピークと言えるでしょう。
花粉症を患っている人は、特にこの時期は念入りな対策を行う必要があります。

スギは沖縄と北海道を除く日本各地に生息しており、厄介なことに猛暑の夏以外はほぼ一年中花粉を飛ばしています。
2月から3月にかけて飛んだ花粉は4月から5月にかけて一度その量を減らすのですが、暑い時期を乗り越えた9月以降には再び活発に花粉を飛ばし始めるので油断できません。
9月以降の飛散量は2月から3月に飛ぶ量よりは圧倒的に少ないので、やはりスギ花粉のピークは2月から3月ということになります。

それなら夏以降は花粉症にそこまで気を使わなくても良いのではないかと考えがちですが、秋ごろになると今度はブタクサという花の花粉が飛散時期を迎えます。
ブタクサはスギやヒノキなどに次いで患者の割合が高い花粉で、秋の花粉症を代表する存在です。
例年10月ごろからピークを迎え、本格的に寒くなるまで花粉症が治まらないという人も多いです。

このように、花粉の飛散は1年を通して行われているため、いつまでが飛散のピークなのかということに明確な答えはありません。
様々な種類にアレルギー反応を起こしてしまう人なら1年を通して花粉症を発症してしまいますし、アレルゲンではない花粉ならどんなに飛んでいても全く影響のない人もいます。
ただ、日本人が最もアレルギー反応を起こしやすいスギやブタクサなどの飛散時期は2月から3月、および10月頃となっているため、注意しておくべき飛散ピークはこれらの時期と言えるでしょう。

また、時期以外にも花粉が多く飛ぶポイントがあります。
それはずばり天候で、温かく良く晴れた日や風が強い日、ある程度の雨が降った次の日などは特に飛ぶ量が増えるので注意が必要です。
なぜこのような日に多く飛ぶのかというと、花粉が飛ぶためには湿度が大きく影響しているためです。

晴れた日は日光の量が多く温度も高くなるため湿度が下がり、花や樹木の花粉が貯められている袋が乾燥して開きやすくなります。
湿度が低ければ花粉の中の水分も減り、軽くなるので非常に飛びやすいです。
逆に雨の日など湿度が高い日には、花粉が重くなるため放出されたとしても遠くまで飛ぶことができません。
例えばスギの場合、湿度が80%以上になればほぼ飛ばないことが分かっています。

では雨が続けば良いかというとそうでもなく、湿度が高いとその日に飛ぶはずだった花粉が内部に留まり、翌日に飛ぶ分と一緒に出てきてしまいます。
このため雨の日や湿度が高かった日の次の日は特に多く飛ぶことになり、梅雨の時期でも油断はできません。

花粉は地域によって飛散の時期が異なる

花粉の飛散に関しては、いつまで飛ぶのかということと同時に、地域も非常に重要になります。
というのも、花粉を飛ばす花や木はそれぞれ生育に適した地域で育っていることが多く、地域ごとに種類に差が出るためです。

日本人で最も患者割合が高いのはスギ花粉ですが、これはスギが沖縄と北海道以外の全国各地に植えられていることが大きな原因です。
特定の地域で生育している花粉の場合、花粉症を発症する人は当然ですがその近隣の地域に留まります。
つまり、地域ごとに生育している花や木の飛散時期によって、その地域で花粉症を発症する患者数やピークも異なるということが言えます。

例えば、北海道地域の場合は花粉を発生させる花や木自体が少ないため、いつまでも花粉が飛んでいる他の地域よりは安心です。
最も警戒すべきスギもほとんど生えていないため、ピークも2月から3月ではありません。
北海道の場合は白樺などカバノキ科の樹木がよく植えられているのですが、これが4月から6月にかけて花粉の飛散時期を迎えます。
6月は稲の花粉も多く飛散するので、1年の中でも特にこの時期に注意が必要です。

東北地域の場合、日本の中でも特に花粉の量が多いとして知られています。スギもたっぷりと育っているため、2月から3月のスギ花粉の時期は最も注意しておきましょう。
さらに4月にはヒノキもピークを迎えますし、稲の生育量も多いので秋ごろまで花粉が多く飛散しています。

関東地域は、1年を通していつまでも様々な種類が飛んでいます。
種類も量も日本の中で圧倒的に多く、春にはスギやヒノキ、梅雨ごろには稲、秋にはブタクサなど患者数の多い花粉のオンパレードです。
日本人の中でも関東地域の患者数はかなり多いので、油断することなくしっかり対策を行うことが重要です。

東海地域は、関東地域と比べれば種類も量もそこまで多くはありません。しかし飛散時期という点で見れば1年を通して何らかの花粉が飛んでおり、特にスギやヒノキが多いです。
このため2月から3月、および4月の上旬は特に注意しておくようにしましょう。

関西地域の場合、スギやハンノキ、ヒノキといった樹木がメインになります。2月から3月が多く飛んでいますが、10月頃になるとブタクサやヨモギなども多く飛んでいます。
最後に九州地域は、他の各地域と同じようにスギとヒノキが多いので2月から3月が要注意時期です。
その後も6月には稲も花粉を飛ばすため、これらの時期には入念な準備をしておきましょう。

このように、ひと口に日本と言っても地域によって生育している種類や量が異なるので、主な飛散時期も異なります。
飛んでいるのがどの種類かによってアレルギーの発生有無や内容も変わってくるため、自分が反応しやすい種類をまず見極めることが大切です。
住んでいる地域と照らし合わせ、どの時期に注意すれば良いかを判断してみてください。